高住神社~望雲台まで登山~

英彦山神宮の摂社、高住神社のお参りを済まし、神社の登山口から望雲台を目指します。


英彦山は大分県と福岡県の県境にあり、山頂は福岡県に属しています。

ここを源に多くの川が流れ出し、大分県側には彦水川が流れ出し、福岡県側には今川と彦山川が流れ出しています。



狛犬に別れを告げ、登山道を上がっていきます。

望雲台までの距離は約1.0km。

余裕だと思っていましたが、それを打ち砕く難所が待っていました。



山道を登っていくこと約30分。分岐点に到着しました。

確かにここまでは余裕でしたが、苛烈な登りはここから。



第一の鎖場です。高さは25メートルほどでしょうか。そこを登り終え向かった先には、さらに鎖場が。

そこを登ってみると・・・・。



「わーー!いい眺め!」

そこは切りたった崖になっていて、足がぞくぞくするほどの高度感。

おそるおそる崖の下を写してみる。下がまったく見えない。高さは130メートルくらいあるとのこと。

風が強かったので、手すりを離すまいと踏ん張っていましたが、ここから落ちたら必ずや身元不明の遺体の出来上がりに。。


 

望雲台から見た眼下の景色は素晴らしいですが、予想を遥かに上回る絶壁。

両手では無理でしたので片手での合掌。無事に登山できたことに感謝して下山しました。

 

 

修験道の霊場、英彦山神宮

英彦山のパワースポット、高住神社