東林寺天満宮へようこそ!

~ 久留米藩主ゆかりの祈祷所 ~


東林寺天満宮の歴史

元禄8年(1695年)久留米藩の四代藩主、有馬 頼元(ありま よりもと)候は前々からの念願であった筑後守という号と、侍従という官位を得ることができました。その上、元禄14年には初めて国主格の侍遇を許されることになりました。

 

このように重ねての大願が成就したので、報恩とお礼の意味を込めて、久留米藩主直轄の祈祷所、東林寺を創建しました。そして宝暦2年(1752年)には、筑前国武蔵(福岡県筑紫野市 )の武蔵寺にて秘蔵されていた 菅原道真公 御自作と伝えられる御神像を迎え、東林寺天満宮を創建するに至りました。

 




お帰りなさい。


八百万(やおよろず)の神々に守られた神域である、鎮守の杜。

そこは一樹一草に至るまで強い生気に溢れ、訪れた人たちを優しく包み込みます。

ご神徳


当社は天神さま(菅原道真公)をお祀りする神社です。

  • 心願成就
  • 家内安全
  • 交通安全
  • 合格祈願
  • 良縁祈願

折りに触れ、祈りを捧げる


あなたは人生の節目に何を願い、何を祈りますか。

  • 初詣で
  • お宮参り
  • 七五三
  • 厄年祓い
  • 還暦祝い