修験道の霊場、英彦山神宮

先日、前々から思いを馳せていた英彦山神宮(ひこさんじんぐう)に行ってきました。


朝の9時に博多駅を出発し、JR福北ゆたか線に乗り、乗り換えもしながら電車に揺られること1時間半。彦山駅で電車を降り、そこからバスに乗り揺られること20分。バスから降りいよいよ到着と思いきや、そこから長い参道の階段を上がっていくこと30分。合計約2時間半の道のりをかけてようやく英彦山神宮に到着。



英彦山神宮は、日本随一の修験道の霊場である英彦山に鎮座する神社です。
神社の拝殿である奉幣殿は、修験道時代の霊仙寺の大講堂で、現在の建物は、元和2年(1616年)小倉藩主によって再建されたものです。


修験行者も利用したご神水です。入山時には必ず水筒に入れて、修験中の補水とお守りにしていたそう。
冷たくて美味しいかったです。


 

この階段を上がった先にある天然記念物の鬼杉という樹齢1200年の大木の所まで行こうと思ったんですが、社務所の巫女さんに聞いてみると1時間半はかかるとのことで、鬼杉は次回に持ち越しにし、次の目的地の英彦山の霊場、高住神社へ向かうのでした。

 

 


英彦山神宮
http://hikosanjingu.or.jp/
英彦山は、古来から神の山として信仰されていた霊山で、ご祭神が天照大神(伊勢神宮)の御子、天忍穂耳命であることから「日の子の山」即ち「日子山(ひこさん)」と呼ばれていました。

嵯峨天皇の弘仁10年(819年)詔(みことのり)によって「日子」の2文字を「彦」に改められ、次いで、霊元法皇、享保14年(1729年)には、院宣により「英」の1字を賜り「英彦山(ひこさん)」と改称され現在に至ってます。

英彦山は、中世以降、神の信仰に仏教が習合され、西国修験道の一大拠点として栄えましたが、明治維新の神仏分離令により英彦山神社となり、昭和50年6月24日、天皇陛下のお許しを得て、戦後、全国第三番目の「神宮」に改称され、英彦山神宮になっています。

明治の神仏分離により修験道が廃止され、天台山伏の本山であった霊仙寺(現・霊泉寺)を分離し神社となって「英彦山神社」に改称した。1883年に座主の高千穂宣麿が男爵を授けられ、華族に列した。1898年(明治30年)に官幣中社に列した。1975年、現在の「英彦山神宮」に改称した。