神道の立場から見た「同性愛」

先日、全米で同性婚が認められる判決が出たというニュースが流れました。

 

現在、アメリカを始め、ヨーロッパ、台湾などの多くの国で同性同士の結婚が認められています。

 

このことに関して、ブログを見られた読者の方から 、「神道の観点から同性愛はどう捉えればいいのですか?」という質問をいただきました。ありがとうございます。

 

神道の立場から同性愛をどう捉えればいいのでしょうか。

 

私はこの同性愛という言葉を完全には理解しきれていませんので、独断と偏見が入ってしまいますが、異性相手でも同性相手でも、人が人として人を愛しているわけですから、問題はないと思います。

 

もともと、ゲイや同性愛という言葉が日本に入ってくる前から、 日本には一部に男色の文化はありましたし、男性や女性の生殖器を崇拝した神社も日本各地にありますので、日本人はもともと性そのものに対して、非常に寛容で寛大だったのだと思います。

 

私としては、後はそれぞれの好みの問題でどちらにしても大差はないとは思います。