心身を健康に保つ、「チャクラ」の働きとは

 

チャクラとはサンスクリット語で円、円盤、車輪を意味する言葉です。

 

インドのヨガの理論や、仏教の密教において、人体にある生命・精神と関連したエネルギーが流れる中枢部分を意味しています。

  

このチャクラという部分は、体外と体内の気のエネルギーの交換を行い、また体内で気がめぐる節となっています。

ヨガや瞑想、各種のヒーリングなどをする時には、このチャクラに意識を集中して、体外から良好な気の流れを取り入れるための、大切な部分です。

 

 

 

人体には主要なチャクラが7つあり、これを刺激し活性化させることで、チャクラが開き心身が健康になり、体内が活性化されます。これが閉じた状態だと、病気になったり感覚が鈍くなり、不運を招いたりしやすくなるようです。

 


 

【第1チャクラ】場所は生殖器と肛門の間にあります。腎臓、副腎、腸、骨格に対応しているチャクラで、このチャクラの開閉は生命力、パワー、情熱に関係してきます。

 

 

【第2チャクラ】丹田(へその下10cm)にあります。生殖器や膀胱に対応しているチャクラです。感受性や情緒のバランス、物欲、性に関係しています。

 

 

【第3チャクラ】 みぞおちのへその間にあります。胃・肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓・消化器に対応しているチャクラです。自信、不安、エゴ、個性、理性に関係しています。

 

 

【第4チャクラ】両胸の間にあります。心臓、肺、循環器に対応しているチャクラです。慈愛、希望、信頼、喜怒哀楽の感情に関係しています。

 

 

【第5チャクラ】喉仏の下にあります。喉、甲状腺、副甲状腺、気管支に対応しているチャクラです。意志、知識、創造性、判断力に関係しています。

 

 

【第6チャクラ】眉間の少し上にあります。ヨガの時に「第3の目」と言われる所ですね。目、神経系、直感、感覚、知恵に対応しており、知性・精神の成熟に関係しています。

 

 

【第7チャクラ】百会(頭の頂点)にあります。脳、霊性、直感、宇宙意識に対応しています。宇宙・神との一体感、超能力に関係しています。


 

第1~第5のチャクラは主に肉体、第6のチャクラは感覚や精神、第7のチャクラは霊性や宇宙意識と関連しています。

 

これらのチャクラを通じて「気」が流れますので、ヨガや密教において、チャクラを開くことが大切になります。瞑想などにより、チャクラが開いても、身の回りに良好な「気」がなく負のエネルギーに囲まれたような環境では、残念ながら効果は期待できないようです。

 

日本の各地には、パワースポットと呼ばれる場所があります。神々が下りる場所、とも言われます。

そのような場所は、パワーに満ちた場所になりますので、体内の気が滞り不調だと感じた時は、そこを訪れるだけでも効果があります。その際には、自分のマイナスな感情や願いは出さず、無心になりましょう。

 

自分のあるがままの状態になれば、感性が研ぎ澄まされ、自然のエネルギーに満ちた気を受け入れることができるはずです。