ご祈祷・御守のご案内


ご祈祷・通信祈祷

ご祈祷・通信祈祷のお問い合わせは下のフォームより問い合わせください。

通信祈願をお申し込みの方には、ご神前にてお名前・ご住所を読み上げて祈願祭を斎行いたします。

 

メモ: * は入力必須項目です


ご祈祷の案内

地鎮祭

地鎮祭とは、建物の新築や土木工事の起工の際などに、その土地の神様を祀り、工事の無事と、土地や建造物が末長く安全であることを祈願するためにおこなわれるお祭りです。

一般には「じまつり」とも呼ばれ、国土の守り神である大地主神(おおとこぬしのかみ)と、その地域の神様である産土神(うぶすなのかみ)をお祀りします。



厄年祓い

厄年とは、人生の節目や何らかの厄難に遭遇する恐れの多い年齢をいい、医学の発達した現代においてもなお万事に慎まなければならない年齢として意識されています。

中でも男性の42歳と女性の33歳は「大厄(たいやく)」といい、特に慎むべき年齢といわれています。



安産祈願と腹おび

母親が赤ちゃんを授かると、5ヶ月目の戌(いぬ)の日に、母体の健康と、赤ちゃんが元気に誕生することの願いを込めて、神社で安産祈願をし、腹帯(はらおび)を着けます。

 

腹帯は腹部の保温や、胎児の位置を正常に保つためにお腹に巻きます。戌の日を選ぶのは、犬が安産であり、丈夫な子を産むとされ、それにあやかる為といわれています。

 

この時期は赤ちゃんにとって非常に大切な時期ですが、母親にとっても命がけの出産を伴うの大変な時期です。

 

 

身体が健康であり、健やかな赤ちゃんを出産できますように。

 

初宮参りと、お食い初め

生まれた赤ちゃんが初めて神社にお参りに行くことを初宮参り(はつみやまいり)といいます。

 

初宮参りでは、子どもの無事な誕生を神様にご報告をし、今後の健やかな成長をお願いします。

 

一般的には、男子は31日目以降に、女子は33日目以降に行いますが、地域によっては100日目に行うなど若干の違いがあります。概ね、母子の健康状態を見て日にちを選びます。

 

また、生後100日目や120日目に、子どもに初めて本膳(一汁三菜)を食べさせる真似をする儀式を「お食い初め(おくいぞめ)」といい、子どもが一生食べ物に困らないようにという願いを込めておこないます。

 

食膳には、赤飯や尾頭付きの焼き魚、煮しめ、なます、お吸い物を並べ、初めに赤飯から食べさせる真似をします。また、丈夫な歯が生えるよう「歯がため」として小石を添える習慣もあります。

 

 

長寿祝いの年齢とそのいわれ

家族の中で、父母、祖父母をはじめ一家の年長者が長寿であることほどおめでたいことはありません。

 

長寿祝いは年祝いとも言い、生きていく上で、還暦を迎えるまでは、厄年や八方塞がり年といった辛い年回りもありますが、還暦を過ぎると、後はお祝いごとのみの年回りになります。

 

長寿祝いでは、家族の年長者に敬意を表し、家族の健康とさらなる繁栄を願って盛大にお祝いを致しましょう。

 

還暦(かんれき):61歳

還暦とは字の通り、干支と甲乙丙などの十干(じっかん)が生まれた年と同じになる、つまり歴が元に戻ることから名付けられたものです。生まれた年の干支を「本卦(ほんけ)」ともいい、「本卦(ほんけ)がえり」ともいいます。

 

古稀(こき):70歳

古希とは、中国の詩人・杜甫(とほ)の誌「酒債は尋常行く処に有り 人生七十古来稀なり」(酒代のつけは私が行く所には、どこにでもある。しかし、七十年生きる人は古くから稀である)から由来した名称です。

 

喜寿(きじゅ):77歳

喜びという字の草書体が七十七と読めることから「喜字の祝い」といわれています。

扇子に「喜」の字を書いて贈る習慣があります。

 

傘寿(さんじゅ):80歳

傘の略字が八十に読めることからきています。

 

米寿(べいじゅ):88歳

米の字を分解すると八十八になることからきています。

 

卒寿(そつじゅ):90歳

卒の略字が九十と読めるいことからきています。

 

白寿(はくじゅ):99歳

「百」という字から一番上の一を取ると「白」になることから、100引く1で99歳のお祝いをいいます。

 

上寿(じょうじゅ):100歳

この上ない長寿という意味で百歳のお祝いをいいます。

 

 

井戸を埋める際のお祓い

現在では、上水道の普及と衛生面からあまり使われなくなった井戸ですが、少し前までは生活の生命線として、とても大切に扱われてきました。

 

 

そのような井戸を埋めるような場合には勿論のことですが、敷地内に古井戸の跡がある場合にも、工事を始める際には、井戸埋めのお祓いを行います。

 

 

長い間、水の恵みを与えてくださった水の神様である「御井神(みいのかみ)」に井戸を埋める工事をご奉告し、これまでの恵みに感謝をするとともに、今後も災いが起こらないように、家族の安泰とますますの繁栄をお守りいただくための大切な祈願です。

 

 

 

水子供養について

水子(みずこ)とは、生まれて間もない赤子のことですが、現在では特に、流産または人工妊娠中絶により失われた胎児のことをいいます。

 

もともと日本人は、子供は7歳までは神の子として考え、死んでも葬式はしなかったり、無縁仏の扱いにしてきました。

 

それが1970年頃から、子供を守る仏である地蔵と水子の観念が結びつき、お寺などで地蔵をまつり、水子供養をすることが増えましたが、その背景には圧倒的に増加した人工妊娠中絶との結びつきがあります。 水子供養が現在のような形式になったのは、近年になってからで、その供養が仏教のものであるかどうかについては意見が分かれるところですが、そもそも霊魂を鎮め、供養するといった考え方は日本古来の信仰に根付いています。

 

水子供養で大切なことは、親として、我が子のために祈るという気持ちです。

 

私たち人間には運命と宿命があります。宿命とはこれから生まれてくる子供の存在です。生まれてくる子供は、等しく天からの使命を授かって生まれてきます。その宿命にあった子供の命ですので、親として子供の鎮魂を祈るということが一番大切な供養になります。