久留米市の全国総本宮、水天宮

今日は久留米市瀬下町にある水天宮に参拝をしてきました。

水天宮は東京、横浜、神戸をはじめ、全国各地にある水天宮の総本宮です。

鳥居の水天宮の扁額は東郷平八郎の書によるものです。
水天宮は安産祈願で有名ですが、水神信仰、水難除けの神様ですので、旧日本軍の海軍と関わり合いが深かったのでしょう。
軍艦千歳は、筑後川の旧名、千歳川から採られました。

幕末の尊王攘夷の志士、真木和泉(まき いずみ)守はここ水天宮の第二十二代宮司です。

境内には、真木和泉の立派な銅像や、真木神社があります。

神門を通ると大きな社殿があらわれます。

水天宮は、久留米藩の歴代藩主により崇敬されましたが、特に第9代藩主 有馬頼徳(ありま よりのり)公は文政元年に江戸の久留米藩屋敷に分霊を勧請しました。この水天宮が現在、東京の人形町に鎮座している水天宮です。

 

水天宮は安徳天皇が祀られていますが、安徳天皇が祀られた有名な神社に下関市の赤間神宮があります。

壇ノ浦での源平船合戦で、海の底に沈んだ安徳天皇ですが、その合戦で落ち延びた平家の按察使(あぜち)の局伊勢が千歳川(現 筑後川)のほとりの鷺野ヶ原に逃れて来て、建久年間(1190年 - 1199年)に安徳天皇と平家一門の霊を祀る祠を建てたのが水天宮の始まりとのことです。

境内から臨む筑後川です。 夏になると西日本最大の筑後川大花火大会が開催されます。
この花火大会は、久留米藩二代藩主 有馬忠頼(ありま ただより)公によって水天宮の社地社殿が寄進された際、落成の祝賀にあたって奉納花火として行ったのが始まりです。

御本殿の裏側に水神社がありますが、そこの狛犬がとても可愛らしくて、おすすめです。

その狛犬は「撫 で狛犬」と呼ばれ、自分の痛いところを撫でればその痛みがとれるという事です。

ご参拝の折には、是非撫でてみてください。

 

 

【水天宮 近辺のおすすめの社寺】

水天宮に鎮座する真木神社

 

長門石 七木地蔵尊

 

久留米城内に鎮座する篠山神社

 


全国総本宮 水天宮(福岡県久留米市瀬下町265-1)

http://www.suitengu.net/

 

寿永四年(西暦1185年)、三月二十四日 壇ノ浦の戦の後、高倉平中宮に仕えていた官女 按察使局(あぜちのつぼね)伊勢は千歳川(現筑後川)の辺り鷺野ヶ原(さぎのがはら)に遁れ来て初めて水天宮を祀った。この頃は未だ筑肥の界も明らかでなくただ荒漠たる原野であったという。今日、川を隔てて下野村があるが、近くの鷺ヶ鼻と言う地名は当時の古名が残ったものであると言われる。

伊勢は後に剃髪して名を千代と改め、里人に請われるままに加持祈祷など行っていたが、御霊験のあらたかにして、尊崇するもの日増しに多くなり尼御前と称え慕い社名を尼御前神社と呼ばれるに至った。その頃中納言 平知盛卿の孫(従四位少将 平知時の四男 右忠すけただ)肥後より千代女を訪ね来てこれを養いその後嗣とした。千代女逝去の後、里人その墓を営み松を植えて千代松明神とあがめ奉った。同女は大和国石上布留神社(現石上神宮)の神官の娘にして、墳墓は久留米市内株式会社アサヒコーポレーションの正門前に在り、奥津城祭(墓前祭)は毎年春に奉仕されている。

当宮は古来農業、漁業、航海業者間に信仰が篤いのみならず、子供の守護神、安産の神として或いは病難、火災などの除災招福の御霊験高きを以て聞こえ、畏くも明治天皇御降誕の砌、孝明天皇は当宮へ御祈誓遊ばされた。かくの如く御霊験あらたかなるを以て明治元年十月三日、禁裏御祈祷所(勅願所)に仰せ付けられた名社である。

 

筑後川のほとり鷺野ヶ原に建久初年(西暦1190年)創建せられ、その後兵禍を避けて諸所に移し、遷御の遺跡と伝えられる所は幾多あり。慶長年間に至り久留米市新町1丁目に遷り、更に慶安3年(西暦1650年)9月久留米藩第2代藩主有馬忠頼公は社地と社殿を寄進し現在のところに遷し奉った。

爾来御神威弥増に輝かせ給い、第9代藩主有馬頼徳公殊に尊崇せられ、文政元年11月1日江戸三田の藩邸に御分霊を勧請された。その後明治4年現在の中央区日本橋に御遷座されこれが現在の東京水天宮である。このほか、国内・ハワイ等各地に鎮座する水天宮はすべて当社を本宮とする御分霊社である。因に当宮境内には幕末の激しい動乱期に勤王派の旗頭として、王政復古に一生を捧げた明治維新の先覚者真木和泉守保臣先生(第22代の水天宮宮司)を祀る真木神社がある。