初宮参りと、お食い初め

生まれた赤ちゃんが初めて神社にお参りに行くことを初宮参り(はつみやまいり)といいます。

 

初宮参りでは、子どもの無事な誕生を神様にご報告をし、今後の健やかな成長をお願いします。

 

一般的には、男子は31日目以降に、女子は33日目以降に行いますが、地域によっては100日目に行うなど若干の違いがあります。概ね、母子の健康状態を見て日にちを選びます。

 

また、生後100日目や120日目に、子どもに初めて本膳(一汁三菜)を食べさせる真似をする儀式を「お食い初め(おくいぞめ)」といい、子どもが一生食べ物に困らないようにという願いを込めておこないます。

 

食膳には、赤飯や尾頭付きの焼き魚、煮しめ、なます、お吸い物を並べ、初めに赤飯から食べさせる真似をします。また、丈夫な歯が生えるよう「歯がため」として小石を添える習慣もあります。