安産祈願と腹おび

母親が赤ちゃんを授かると、5ヶ月目の戌(いぬ)の日に、母体の健康と、赤ちゃんが元気に誕生することの願いを込めて、神社で安産祈願をし、腹帯(はらおび)を着けます。

 

腹帯は腹部の保温や、胎児の位置を正常に保つためにお腹に巻きます。戌の日を選ぶのは、犬が安産であり、丈夫な子を産むとされ、それにあやかる為といわれています。

 

この時期は赤ちゃんにとって非常に大切な時期ですが、母親にとっても命がけの出産を伴うの大変な時期です。

 

 

身体が健康であり、健やかな赤ちゃんを出産できますように。