水子供養について

水子(みずこ)とは、生まれて間もない赤子のことですが、現在では特に、流産または人工妊娠中絶により失われた胎児のことをいいます。

 

もともと日本人は、子供は7歳までは神の子として考え、死んでも葬式はしなかったり、無縁仏の扱いにしてきました。

 

それが1970年頃から、子供を守る仏である地蔵と水子の観念が結びつき、お寺などで地蔵をまつり、水子供養をすることが増えましたが、その背景には圧倒的に増加した人工妊娠中絶との結びつきがあります。 水子供養が現在のような形式になったのは、近年になってからで、その供養が仏教のものであるかどうかについては意見が分かれるところですが、そもそも霊魂を鎮め、供養するといった考え方は日本古来の信仰に根付いています。

 

水子供養で大切なことは、親として、我が子のために祈るという気持ちです。

 

私たち人間には運命と宿命があります。宿命とはこれから生まれてくる子供の存在です。生まれてくる子供は、等しく天からの使命を授かって生まれてきます。その宿命にあった子供の命ですので、親として子供の鎮魂を祈るということが一番大切な供養になります。